1

10月1日開業予定の酒井救急クリニック職員を募集しております。
看護師、放射線技師、理学療法士、臨床検査技師、医療事務を随時面接しております。
ご興味ある方は、是非ご応募お願い致します。

その他の職種も採用枠が若干名空いておりますのでお問い合わせください。
採用枠は決まっておりますので、決まり次第終了いたしますので、ご応募の際はお早めにお願いいたします。

医療法人EMS広報

医療法人EMS事務局 TEL:092-707-6060
お問い合わせフォーム

酒井救急クリニック職員を募集




現在、長崎県西海市で救急クリニック開設の計画が進行しております。西海市は救急搬送の約9割が管外搬送(佐世保市と長崎市)されており、半数以上が搬送時間1時間を超える地域となっております。

救急クリニックを開設する事で、地域の方々が安心して生活できるようにします。
西海市長も自ら長崎県へ陳情されました。
先週、現地視察を行いました。
一日も早く開設できるよう準備してまいります。

医療法人EMS 広報
西海市救急クリニックのお知らせ




7月9日から15日にかけて、ベトナムのハノイにて、
9月1日開業予定のT-Matsuoka Medical Centerの現地スタッフ研修を行ってきました。

クリニック内はとても綺麗で、医療機器も順調に搬入が進んでいました。
現地スタッフも非常にやる気があり、充実した研修ができました。
ベトナムの方々に医療法人EMSの日本基準の医療をお届けできるように頑張ります。

医療法人EMS 広報




院長が、駐日ベトナム大使であるナム大使や、ベトナム国内の著名な先生方と意見交換をしました。
T-Matsuoka Clinic(TMC)と日本の病院との連携や、ベトナム国内の病院との連携について議論しました。
クリニックも完成間近です。ハノイのTMC の開業はもうすぐです。

医療法人EMS 広報




この度、松岡院長が公益社団法人日本医業コンサルタント協会の機関紙である「JAHMC」の取材を受けました。

REPORT救急医療の現状2022の中で、「高品質」の救急クリニックの国内外への展開についての記事になっております。
9月にはベトナムでT-Matsuoka-Clinic、10月には埼玉県越谷市で酒井救急クリニックを開院します。

皆様にも記事を読んでいただき、通常の診察以外にも色々な活動を行なっていることを知っていただきたいと思います。

医療法人EMS 広報




2022年6月1日に、
ベトナムのハノイでT-Matsuoka Clinicの開院準備に入ります。
早速、就職が決まった医師や看護師が、5月23日より、日本式の医療を学ぶための研修を開始します。共通言語は「英語」になります。
スタッフも皆、英語で積極的に交流を図るようにします。
6月中旬からは日本から複数名のスタッフが、交代で、数週間ずつベトナムに出張で指導を開始します。

オープニングスタッフを募集

  • 医師
  • 看護師
  • 受付

ベトナム勤務ご希望の方のお問い合わせをお待ちしております。

ベトナム救急クリニックについて T-Matsuoka Medical Center

当ホームページからお問い合わせや、お電話にて受付いたしておりますのでお気軽にご連絡ください。

医療法人EMS事務局 TEL:092-707-6060
お問い合わせフォーム




今後の開業予定

東京都 T-Matsuoka Clinic international
埼玉県越谷市 酒井救急クリニック(令和4年10月開業予定)
長崎県 救急クリニック
千葉県 救急クリニック
埼玉県 救急クリニック
北海道 救急クリニック
沖縄県 救急クリニック

現在、たくさんのドクターから就職希望のお問い合わせをいただいております。
大変ありがたい事ですが、4月の時点で、すでに来年度の枠まで充足しつつあります。
就職のご希望の先生はお早めにお問い合わせをお願いいたします。

医療法人EMS 広報

クリニックからのお知らせ「今後の開業予定」




医療法人EMSからのお知らせ

現在、医療法人EMSで国内・海外の新規クリニック開業に向けて、分院長、常勤医師、救急研修医を募集しております。
お陰様で、毎週、たくさんのご応募や見学のお問い合わせをいただいております。
今回、医師募集のページを分かりやすくリニューアルしましたので、今後のライフプランでお悩みの先生、救急クリニックに興味がある先生など、お気軽にホームページよりお問い合わせください。

お問い合わせお待ちしております。
医療法人EMS 広報

お問い合わせフォーム




■ 第1日目は、
今学会のタイトルであるシンポジウム
【禍難を乗り越えて】救急医こそが、わが国の医療を救う
での発表となります。

■ 第3日目は、
パネルディスカッション【Challenge to Change】ダブルボードを持った救急医がどのように働いているか
での発表となります。

通常の診療以外でも、発表を通して救急医療の発展に寄与させていただいております。
医療法人EMS 広報




クリニックで全国初の救急告示医療機関としての取り組みや、医師の働き方改革だけでなく、遠隔診療システムの開発、ベトナムでの開業など、医療法人EMSが現在展開している様々な事業についても話をさせて頂きました。
医療法人EMS 広報

松岡院長が、病院経営者向けの雑誌「病院羅針盤」の取材を受けました。