11月13日に駐日ベトナム大使が当院を視察されました。 当院の施設や医療機器などや提供している医療内容について説明させていただきました。 大使からもベトナム国に医療法人EMSの運営する救急クリニックが必要だと言っていただきました。 医療を通じて、日本とベトナム国との架け橋になれればと思います。 医療法人EMS 広報 ■ テレビで放送されました

駐日ベトナム大使 視察

11月13日に駐日ベトナム大使が当院を視察されました。 当院の施設や医療機器などや提供している医療内容について説明させていただきました。 大使からもベトナム国に医療法人EMSの運営する救急クリニックが必要だと言っていただきました。 医療を通じて、日本とベトナム国との架け橋になれればと思います。 医療法人EMS 広報 ■ ...
続きを読む
保健所と協議いたしまして、発熱患者様への対応

発熱患者様の対応について

保健所と協議いたしまして、発熱患者様への対応を以下のとおりとさせていただきます。 ご不便をおかけすることもあると思いますが、ご理解とご協力をお願い致します。 発熱でご心配の際は、まずは電話でお問い合わせください。 ...
続きを読む

■ クリニックの特徴

良質な医療を曽於市に

急性期医療と慢性期医療の両方の役割を担う新しいクリニックで、昼夜を問わず救急医療を行っています。

クリニックの特徴

県知事によって特別に認可された救急医療における特例診療所、救急告示医療機関です。
救急患者の短期間の入院が可能です。

クリニックの理念(Mission)

  • 曽於市の地域住民の皆様がいつでも安心して適切な医療を受けられる医療機関を創ります。

クリニックの価値観(Value)

  • 24時間365日患者さまを診療いたします 。
  • 1人1人の患者さまの価値観に配慮した上で、適切な医療を選択いたします 。
  • 我々のチームは一緒に働ける仲間にお互いに感謝し、尊敬と威厳を持った医療のプロフェッショナルとして行動いたします 。
  • 我々は医療人として日々研鑽していきます。

■ ごあいさつ

曽於市は人口10万人あたりの医師数が112.9人と全国平均の約半数となっており医師の数が不足しています。

医師不足により真っ先にあおりを受けるのは夜間休日の救急診療です。曽於医療圏の毎年の救急搬送件数は約4000件ですが、そのうちの約半数が管外の医療機関へ搬送されています。

われわれは『24時間365日断らない医療』を実践します。決して、専門外を理由に診療を拒否いたしません。その為に日々研鑽し、適切な診断と治療を行い、重傷者に対しては迅速な初期対応を行い高次医療機関へ搬送いたします。曽於市の地域住民の皆様が、いつ病気になっても安心して日々の暮らしが継続できるよう、われわれは精一杯努力していきます


救急科


消化器内科




循環器内科


整形外科


脳神経外科


リハビリテーション科




認知症外来



毎週日曜日と、祝日は休診ですが、急患は24時間対応します。https://youtu.be/rE28Hy2LrXMhttps://youtu.be/0oqkNDOP01shttps://youtu.be/uWPgaEskgyM
アクセス
0986-36-5505
鹿児島県曽於市末吉町二之方6013番地


Facebook


Twitter


Instagram


Youtube


Pinterest